2018年6月5日(水)

笛木醤油 新桶初搾り

100年先に繋げるクラフト醤油 蔵出し超限定「新桶 初しぼり」を6月7日より発売

笛木醤油は、半世紀(約50年)ぶりに制作した木桶に仕込んだ生醤油「新桶 初しぼり(しんおけ はつしぼり)」を数量限定で発売します。現在、木桶でつくられる天然醸造の醤油は、全体の生産量の1%以下になっていますが、2016年夏に奈良県の吉野杉を用いた2石の桶を半世紀ぶりに完成させ、2017年3月、この桶に、JAいるまのと契約栽培した埼玉県川越産の大豆(さとのほほえみ)と北本産の小麦(さとのそら)を仕込み、1年かけて発酵・熟成させ、完成させました。

桶の寿命は約100年といわれる中、これからの100年に繋げる第一歩となる、記念すべき、「木桶仕込みの職人気質なクラフト醤油」となりました。醤油は火入れをしていない生醤油で、弊社で製造している通常商品よりも旨味成分(全窒素量)が高く、香り豊かでコクのある醤油に仕上がりました。また、こだわりにこだわり抜いたこの醤油の完成をもって当社社長が「12代目吉五郎」を襲名いたします。(今年9月の創業祭で、襲名式も執り行う予定)。

6月3日(土)川越氷川神社に、この「新桶初しぼり」を奉納いたしました。また、奉納式後に境内にあります江戸時代川越地方の醸造家一同が建てたお宮、醸造の神様の松尾神社へも参拝させて頂きました。

《商品概要》
新桶初しぼり 金笛十二代目吉五郎 新作 〜川越産大豆使用 蔵出し特別限定〜
【容量・価格(税抜)・販売本数】 500ml 2,000円 300本/100ml 500円 400本
【販売場所】丸広百貨店各店(ギフトセットのみ)笛木醤油本店および川越店(100mlのみ)
【発売日】6月7日(木)
※「新桶 初しぼり」がセットになったギフト商品を、6月6日より丸広百貨店で100セット限定販売

笛木醤油のホームページ

2018年5月20日(日)

第3回世界選手権埼玉県大会

大桶の箍(たが)をフラフープ代わりに回す「タガフープ」。その埼玉県大会が開催されます。直径2メートルのタガをぐるぐる回す姿は見ていても楽しめますが、参加するともっと楽しいはず。

優勝者は9月30日に香川県小豆島で開催される世界選手権でシード権を獲得できますが、女性の部(タガの直径一・五メートル)と子どもの部(同一メートル)もありますのでお気軽にご参加ください。

2018年5月20日(日)
高麗神社(埼玉県日高市)
詳細はこちら(東京新聞 2018.05.17)

2018年4月14日(土)

朝だ!生です旅サラダにヤマロク醤油

朝日放送の旅番組『朝だ!生です旅サラダ』のゲストの旅で、俳優の内藤剛志さんが小豆島を旅します。内藤さんは5年前に小豆島で映画「瀬戸内海賊物語」の撮影をしました。実はヤマロク醤油がロケ地で、内藤剛志さんは醤油屋の主人(主人公のお父さん)として出演されていました。その縁で久しぶりの再会となり、話がとても盛り上がりました。全国放送ですので、皆さん見てくださいね!

4月14日(土)朝8:00〜9:30
朝日放送の旅番組『朝だ!生です旅サラダ』
https://www.asahi.co.jp/tsalad/

2018年3月24日(土)

満天☆青空レストランに鳥居ソース

静岡県浜松市のソースといえば鳥居ソース。野菜を切るのも、お酢をつくるのも自社で手掛けているのですが、ウスターソースを熟成させるのは木桶。どうして木桶で仕込むとおいしくなるのか?ぜひご覧ください!

3月24日(土)18:30〜19:00
日本テレビ
http://www.ntv.co.jp/aozora/

2018年2月26日(月)

世界!ニッポン行きたい人応援団にヤマロク醤油と鳥居醤油

アメリカで醤油づくりをする男性が石川県の鳥居醤油と小豆島のヤマロク醤油を訪問。木桶での醤油づくりと、木桶の製造現場が登場します。ぜひご覧ください!

2月26日(月)20:00〜21:54
テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/nipponikitaihito/

2017年10月8日(日)

NHK 「うまいッ!」にヤマロク醤油と正金醤油

日本各地の「うまいッ!」が魅力たっぷりに紹介されてるNHKの人気番組。10月8日(日)はしょうゆ特集です。小豆島のヤマロク醤油と正金醤油が登場します。木桶はもちろん生産者や製造現場も紹介されるはずなので、ぜひご覧ください!

10月8日(日)08:25〜08:55
NHK総合
http://www6.nhk.or.jp/umai/

2017年10月10日(火)〜13日(金)

木桶職人復活プロジェクトin兵庫

兵庫県の足立醸造会社では味噌の仕込みに使用する木桶を新調します。全国から若手の桶職人が集まり組み立てをします。

木桶づくりの技術継承も含めた桶文化の継承に向けた足立醸造の取り組みで、現地で側板をはめたり、竹タガを編むなどの作業を行います。取材も大歓迎です。

日 程 10月10日(火)〜13日(金)
時 間 各 09:00〜17:00
場 所 足立醸造
〒679-1212
兵庫県多可郡多可町加美区西脇100-1
連絡先 TEL:0795-35-0031
FAX:0795-35-0281

詳細はこちら

職人醤油

kioke|木桶を伝えて増やすためのサイト