醤油の知識

甘口醤油

分類として甘口醤油はありません

九州や北陸の地域に行くと甘い醤油が一般的に流通しています。他の地域の方からすると「どうして醤油が甘いの?」という感想を持たれることもありますが、その土地に根差した醤油文化だと感じています。

特に海に近い地域だと甘さが強くなってくるなど地域の中でも味に特徴がでています。

混合・混合醸造=甘口醤油

その甘い醤油のことを職人醤油では「甘口醤油」と分類しています。ただ、JAS規格(日本農林規格)による分類ではなく、職人醤油が勝手につくっている区分けです。JAS規格の醤油の分類は「濃口、淡口、再仕込み、溜、白」の5種類となっており、例えばその濃口醤油の中で製法上の違いとして「本醸造、混合、混合醸造」とに分かれています。

商品のラベルの名称部分に記載することになっていて、「濃口醤油(本醸造)」「濃口醤油(混合)」のように「(●●)」の部分に記載されています。この混合と混合醸造の製法の時に甘味料をセットで使用している場合が多く、これらを職人醤油では甘口醤油とよんでいます。

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる