醤油とは

新鮮な醤油は綺麗な赤色をしている(写真は うすくち醤油)

醤油の圧搾前の諸味(もろみ)の状態

日本の味といえば醤油

海外の空港に降り立つと、その国独特の香りがするものですが、ここ日本の場合は「醤油の香りがする」と口にする外国の方がいるそうです。

また、日本で育った方が、海外旅行からの帰りの飛行機の中で検討するであろう「帰ったら○○を食べよう!」リストに、多くの場合は、醤油が使われていないでしょうか。蕎麦、うどん、カツ丼、牛丼、煮物はもちろんのこと、焼き魚でもマグロの刺身でも醤油は必ずセットになってくると思われます。

微生物がつくる発酵調味料

主原料は大豆と小麦と塩。微生物による発酵によって造られる液体発酵調味料で、半年から長いもので2年〜3年もの時間をかけてつくられます。

日本各地に醤油メーカーが存在し、それぞれの地域性のある醤油造りをしており、甘い醤油だったり、どろっとした濃厚な醤油だったりと地域の食文化を支える存在でもあります。

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる