混合タイプの醤油

製法によって3つのタイプに分かれます

醤油の製法によって、本醸造、混合、混合醸造の3つのタイプに分けられます。このうち、混合と混合醸造にアミノ酸液が使われます。混合が搾った醤油(生揚醤油)とアミノ酸液を混ぜるのに対して、混合醸造は諸味の段階にアミノ酸液を入れて一緒に熟成をさせます。

生揚醤油にアミノ酸液を混ぜるのが混合

醤油を搾って液体になった状態(生揚醤油)にアミノ酸液を入れるのが混合。JAS法の定義によれば、アミノ酸液の使用量は窒素換算で80%以下とされています。逆をいえば、アミノ酸液 80+本醸造醤油 20でも醤油と定義されるので、同じ混合の醤油でも中身は全然違うということになります。

アミノ酸液がはいっている醤油=ダメな醤油とするのは適切ではないと感じています。確かに、昔は原料コストを安く抑えるためにアミノ酸液を使っていたこともありますが、現代では大豆、小麦、塩だけの醤油が安価につくれるようになっています。低コストで生産することだけが目的でアミノ酸液を使っている生産者は少ないように感じています。

地元に根差した醤油

九州に代表されるように、地域で愛される甘みのついた醤油、それがこの製法であることが多いです。甘味料を併用することが多く、蔵元によって独特の甘みに仕上げていくので、多様性の幅が広い醤油ともいえます。

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる