色の違いが生まれた理由

関東のうどんのつゆは濃くて、関西は淡いという表現をされることがある。関東ではつけ醤油でも煮物でも一本の濃口醤油を使うことが多いが、西日本では煮物には淡口醤油で、かけ醤油には濃口醤油と分けているケースも多い。とくに出汁をひいて素材の色や風味を活かすには色が淡くてうま味を抑えている醤油の方が相性が良い。それぞれの地域の食文化があって、それに適した醤油が好まれることで地域ごとの醤油が生まれてきたと推察ができる。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる