桶が呼吸している

こんな「スプーンたて」をつくってみたのですが・・・

ピキッという音と共にこの通り。

店舗に並べている桶は雨の日になると表面が湿って濡れているんです。

醤油蔵に行ったときもそう。雨の日にいくと表面がしっとり湿っているのです。桶に触れてみると、まるで呼吸をしているかのような感覚。

きっかけは、スプーンたて。

店舗で醤油を試食いただく際の、
「スプーンたて」をどうしようかな?と考えていたのです。

プラスチックだと味気ないので、木をくりぬいて作ろうかと思っていたのですが、竹がまさにその形だということに気がつき予定を変更。地元のホームセンターへ探しに行ってみたところ、竹が見つからないのです・・・細い竹はあるのですが、そこそこの太さの竹は取り扱いがないとのことなのです。


さてどうしたものかと考えていると、妻が一言・・・

「実家の山に竹やぶがあったよ。」

早速、お義父さんに山に入っていただき、竹を群馬まで送っていただきました。ちょうど良い長さに切りそろえ、綺麗に洗ってヤスリをかけてみると、まさに思い通りのスプーン立ての完成・・・となったのですが、数日過ぎたときに、「ピキッ」という音が頻繁に聞こえるようになるのです。

何の音だろう?!と思っていたのですが、原因が分かったときには時既に遅し・・・左の写真の通りの状態になっていました。・・・この経緯をブログに書いたところ、予想以上に各方面から情報をいただき、結論としては、竹はしっかり乾燥をさせてから切らないと割れてしまうということでした。

やはり、乾燥させないと割れる・・・

ちなみに、左の写真は生えている竹を「同じ時期に切断」したもので、左の竹は部屋の隅っこに保管されていたもの。右の竹は実際にスプーンたてとして使用してきたものです。空調の風が当たる場所にあったので乾燥のスピードも速いと思われ、より大きく割れてしまっています。(左の竹も少し亀裂が入っています。)

他にも節のない竹もあるのですが、こちらは見事にぱっくりと割れてしまっているので、やはり、節がついている状態でしっかりと乾燥させ、その後に切断するのが正しいようです。

そういえば、醤油を仕込む桶をつくる時も、木材の乾燥が重要なのだと聞いたことがあります。人工的に急速に乾燥させることもできるけど、自然の中でゆっくりと乾燥させたもののほうが良い組みあがりになるとか・・・自然の材料を相手にするときには「時間」が必要だなと改めて感じたのです。

「早くて、安くて、安定した」

ただ、醤油だけに限ったことではなくて、「早くて、安くて、安定した」を好む消費者はとても多いと感じています。そして、「早くて、安くて、安定した」醤油造りには、全くもって向いていないのが桶での醤油造りなのです。

桶がプラスチックのタンクに変わり、機械を導入することによって数十人で行っていた作業が数人で行えるようになります。さらには温度管理や生産管理が容易になり、量質ともに安定していくわけです。

プラスチックタンクの醤油がだめなのだと言いたいのではなく、「自然がつくるもの」または、「自然と共につくるもの」と「早くて、安くて、安定した」を両立することって難しいのだなと・・・

80人に一軒

江戸時代に子供が生まれると産湯は「たらい」の中へ。食卓のご飯を入れておく「おひつ」とか「お風呂」も桶と定義してしまえば、ありとあらゆるものが桶でできていたわけです。

もちろん、醤油の醸造・貯蔵・運搬にも桶が欠かせませんし、「風がふけば桶屋が儲かる」なんていわれたりと、桶が生活に密着していたのでしょうね。80人に一軒の桶屋があったと聞いたことがあります。江戸時代の人口は148万人・・・今からしたら考えられないことですよね。

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる