醤油の産地

千葉県

国内醤油出荷量の35%を占める国内最大の醤油産地。野田にキッコーマン、銚子にヤマサ醤油とヒゲタ醤油と、大手5社のうち3社が千葉にある。この大手3社の発展を促したのが大消費地「江戸」につながる利根川と江戸川。舟で物を運んでいた江戸時代、朝に野田を出発すると昼には日本橋に到着と、他県より早く江戸に届けれられる有利さが千葉の醤油業を発展させた。

兵庫県

淡口醤油最王手「ヒガシマル醤油」がある播州龍野(現たつの市)は淡口醤油の発祥の地であり、淡口醤油最大産地。寛文年間の頃、色の淡い醤油を造る技術が開発されると、龍野藩主が特産品とすべく生産を奨励し、保護や育成政策を採った。以来、大阪や京都に繋がる揖保川や瀬戸内海を使って関西地方へ出荷し成長を遂げていった。

愛知県

愛知県は溜醤油と白醤油の代表産地両方を持つ特殊な県。戦後から濃口醤油も浸透したけれど、戦前は醤油のことを「たまり」と呼ぶほど溜醤油が定着していた。白醤油の歴史は浅く、一説によると溜醤油ばかりでは濃すぎるので、白醤油と合わせて使っていたのだとか。

溜醤油の代表産地・武豊町は名古屋駅から電車で知多半島を1時間南下場所に位置する。歩いてまわれる距離に6軒の風情ある蔵元が集まり、いずれも地元に根付いた昔ながらの溜醤油を造る。その武豊町から衣浦湾を挟んだ対岸に、白醤油の代表産地・碧南市があり、お酢やみりんなど各種発酵調味料の製造も盛んに行っている。

石川県

金沢市大野町は「ヤマト醤油」と「直源醤油」を筆頭に22社の醤油メーカーが集まる醤油の産地。最盛期は60軒以上の醤油醸造業者があり、五大産地と言われたほど。色が比較的淡い甘口の醤油が地元の人から好まれ、加賀料理に欠かせない。大野で醤油作りが始まったのは約400年前。金沢の海の玄関として繁栄してきた大野で、百万石大名だった前田家が直江屋伊兵衛に命じて醤油醸造を始め、後に前田家は参勤交代を利用して東海道五十三次の宿場に大野醤油を宣伝したと言われている。

小豆島

醤油の生産量5位の香川県。その半数近くが小豆島産。400年以上前から、年に醤油を売ると決めている島ぐるみでつくってきたことから、都市の売場の定番として並ぶ。「島」とはいえ、明治20〜30年ころの最盛期は400軒もの蔵があったとか。今も22軒、特に「醤の郷」とよばれる島の南東の地域には17軒もの蔵が軒を連ねる。小豆島の最たる特徴は木桶。「マルキン」ブランドで親しまれる大手メーカー盛田(旧マルキン忠勇)は、300本以上も桶を保有している。

福岡県

九州の醤油は甘いといわれる。甘味料の種類やブレンド方法などにより、それぞれの醤油メーカー独自の味があり、「おばあちゃんの時代からここの醤油を愛用している」というように家庭の味と地元の醤油メーカーとの結びつきが強い。

その甘口の醤油を支えるのが98社の醤油メーカーで構成される福岡県醤油醸造協同組合。組合では国内最大の規模で、福岡の醤油の品質をより向上すべく邁進し続けている。研究開発にも積極的で、塩分ゼロの醤油を手掛けるなど全国からの評価も高い。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる