JASマークとは

JASに加盟している製造メーカーの製品にはこのようなJASマークが付いています。

そもそもJASとは、戦後以降の食料環境が混乱していた時期に、一定の基準を設けることで安全な食品の流通を実現し、消費者サイドからは「JASマークが付いていれば安心だ!」という存在でした。そのため、これまで多くの食品メーカーがJASマークを付けていたのですが、近年JASへの加盟をやめる醸造蔵も出てきています。JASに加盟するにあたっての加盟料や固定コストが、小規模経営をしている蔵には大きな負担となるからで、JASの設定している以上の品質基準は自主的に守る代わりに、その分のコストを醤油造りに使おうという考えからです。

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる