海外の醤油

1973 年、キッコーマンが日本の醤油メーカーとしては初めて米・ウィスコンシン州に工場を建設した。2015 年現在では右に挙げた12 工場が醤油を生産し、ここを拠点に世界100 カ国以上に輸出されている。2010 年時点の日本からの醤油輸出量が1万8千kl。海外での生産量と合わせると日本全体の消費量のおよそ1/4 に及ぶ醤油が海外で消費されているという。キッコーマン1社で見ると80%が北米、13%が欧州、残り7%がアジア・オセアニアで販売されており、2014 年3 月期には海外での売上が初めて国内を上回るなど海外での醤油の消費量は堅調な伸びを見せている。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る