覚心

醤油の起源という話題になると必ず登場してくるお坊さん。鎌倉時代に覚心というお坊さんが中国から持ち帰った径山寺味噌の製法が伝わり、味噌桶の底に溜まった液体が美味しかったということが醤油の原型になったという説もある。和歌山県の湯浅が醤油の発祥の地と言われる由縁がここにある。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる