生揚醤油

搾られた醤油が滴っている様子。まさに生揚醤油。
ミツル醤油の初搾りの様子。

「きあげしょうゆ」と読む。醤油を搾って熱処理などを施していない状態の醤油。商品として一般流通はしておらず、醤油メーカー間や加工品メーカーに対して販売されていたりする。熱処理等をしていないので微生物が生きており、そのまま瓶詰をすると密閉空間で発酵が進んでしまいキャップがとんでしまう。

再仕込み醤油の仕込み水代わりに使われるなど、醤油屋からすると半製品としての醤油というような意味づけで「生揚(きあげ)」と略して一般用語として使われている。

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる