キッコーマンと「てりやき」

1973年にキッコーマンがウィスコンシン州に現地工場を建設。そして、醤油の国際化が一気に加速した。それ以前からもアメリカで醤油を販売する際にスーパーでの試食販売で醤油を焦がしたこうばしい香りと鶏肉をあわせた「テリヤキ」が好評だったそうで、地道な普及活動を積み重ねてきたという。

今では、海外での醤油の認知も進み、健康な食というイメージとも結びついて「SHUSHI」を食すために醤油がほしいというニーズも高まっているという。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる