国内輸出(醤油屋の戦略)

国内輸出というとたいそうだが、醤油の生産量が多い地域は、地元での消費用というよりは近隣の大消費地へ販売することを目的に醤油を生産してきた歴史が多いように感じる。千葉県は江戸へ。兵庫県も大阪へ。香川県の小豆島も大阪へ。共通しているのは船で運べる水運に適している土地であるということで、トラックなどの輸送手段がない時代は原料を地元で生産もしくは大きな産地から運んできて、醤油に加工して船に積み込んで出荷をしていくという流れだった。

そのため、それぞれの醤油蔵によって過去にどの顧客に向けて醤油を販売していたかによって醤油の特徴も変わってくる。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる