地元密着(醤油屋の戦略)

歴史の長い醤油蔵には、なにかしらの理由がある。醤油そのものの美味しさというのはもちろんのこと、よいものでも売れなくては商売の継続は難しい。一時期は大量生産された低コストの醤油が主流になっていた時期など、小規模メーカーにとっては苦難の時代があったが、切りぬけている蔵元がいる。

いくつかのグループに分類できる気がしているが、一つが地元密着というもの。九州などでは今でも醤油の配達が残っている地域がある。一軒一軒の過程と醤油メーカーが直接につながっている。その過程の醤油の消費量もメーカーの方が把握していたりもするから、そろそろ醤油がなくなる頃に絶妙なタイミングで配達をしていたりもする。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる