相乗効果

両方のよい部分がひきたつ

醤油の中のグルタミン酸と、かつお節の中のイノシン酸が働き合うと、深いうま味がつくり出される。このように混ぜ合わせることにより、両方の味がともに強められることを相乗効果と呼ぶ。そばつゆや天つゆなどがよい例だ。

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる