大量生産(醤油屋の戦略)

大きな醤油メーカーはだめで、小さい醤油メーカーがいいという極端な意見を耳にすることもあるが、必ずしも正しいとはいえないと感じている。戦後から日本全体で経済成長している最中では大量生産にシフトすることで品質の向上と低価格で商品を提供することにしのぎを削ってきた。そのおかげで、過去には高級品だった醤油がこれほど身近な存在になれたといえると思う。

当時としては大量生産に挑むことは時代の当然の流れであり、その中で生じる矛盾に昔ながらの製法に原点回帰する蔵元も表れ、様々な考えの蔵元が生まれた。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる