配達文化

今でも醤油の配達をしている地域がある。九州などが代表格で醤油メーカーの名前の入ったトラックに醤油を積んで家々に醤油を届けている。中には何十年もやりとりをしている家庭とは信頼関係以上の繋がりがあり、醤油が切れそうな時期を醤油メーカーの方が詳しく知っていたり、留守の際には勝手口に置いてくる事で成立してしまったりもする。徐々に配達の割合は減ってきていると聞くが、残って欲しいとも感じてしまう文化の一つである。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる