容器の変遷

遡れば樽や壷に入れられており、ビンの生産ができるよになって醤油の流通が活発になっていく。その後、ペットボトルが登場し小容量化が進み、最近では密封ボトルを目にするようになった。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる