シュリンク

醤油のキャップ部分に透明のビニール状のものが密着してて、使いはじめる時に破いてキャップを開けられるようになるもの。それがシュリンクと呼ばれるもので、売り場に並べているときのいたずら防止などのために活用されている。キャップにかぶせて熱を加えると縮んで密着する方式になっていて、大手メーカーだと流れ作業の一つに組み込まれるが、小規模メーカーの場合は一本一本の作業になっている。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる