側板

がわいた。桶の周りの板。側板と側板の接地面を正直面(しょうじきめん)といい、この面がしっかりと密着することで漏れのない桶になる。当然、そのための削りの精度が求められるが、桶は数十年から百年以上も使われるために時間による変化も考慮して板と板をあわせていく。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる