芯(しん)

桶の周囲を取り囲む箍(たが)。この内側の見えない部分に芯と呼ばれるものが入っている。芯がないと箍がぺちゃんこに潰れてしまって綺麗なシルエットが保てない。芯は竹の細い切れ端を束ねて直径2センチ〜4センチ程度の束にして縄で巻きつけて一本の棒状にする。箍の大きさによって芯の太さも変わるのである程度の量を作っておき、箍に応じて最適なものを選ぶ。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる