木でつくられた容器。似ている用語で桶がある。一般的に蓋が付いているものが樽で、蓋のないものを桶ということが多いが、地域によっては仕込みに使う大桶を大樽と呼んだりもする。ビンが登場する前には樽や壺が醤油の運搬に使われていた。一斗(18リットル)〜四斗樽などが多かったようで、今での蔵元の倉庫からこの大きさの樽や桶がでてくることがある。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる