柄杓(ひしゃく)

溜醤油をつくる際に使われる。味噌玉をつくって仕込む溜醤油の場合、容器の上から底にかけて筒を通しておき、底に溜まったものを組み上げて重石の上からかける作業(汲みかけ)をする場合がある。(この作業は必ずしも行っていない蔵元もある。)そのため、柄杓といっても柄の部分が長いものとなる。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる