薪(まき)

火をつけるための木。醤油の場合は、大豆を蒸したり、小麦を炒ったり、圧搾後の火入れなど熱を必要とする。昔ながらの製法だと釜で煮たりの作業に薪の存在は欠かせない。今でも釜をつかっている蔵元では大量の薪が活躍している。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる