屋号

醤油屋の屋号や商標は2つの言葉を組み合わせたものが多い。キッコーマンは「亀甲+萬」、ヒガシマルは「東+丸」。蔵元の姿勢や願いが込められている。マルは「正しい間違った商売をしない」。カネは「曲尺(かねじゃく)のように真っ直ぐであること」。ヤマは「山のように盛り上がり、その頂点を極めたい」といった意味がある。

また、キッコーは江戸時代に野田、銚子と並び良質な産地だった茨城県・土浦の亀城をロゴとして、その地でつくられた醤油に付けられていた。当時ブランド化していた亀甲マークにあやかり、これを採用する蔵が増えたという説もある。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる