百年先を見据えて桶づくりも手掛ける

ヤマロク醤油(香川県小豆島)

「孫の代に桶仕込みの醤油を残すのが夢」と話す山本康夫さん。百年後を見据えるなら自分たちで桶をつくれるようになろうと地元の大工さんと共に桶から手掛けています。一度ここを訪れた方はヤマロクの大ファンになって帰路につくはずです。

どうしても行きたい醤油蔵

予約なしで見学OK。見学用に用意されたものではなく、そのままの現場を丁寧な説明とともに見ることができます。昔ながらのシンプルで時間をかける醤油づくりと、別次元とも思えるくらいに薄暗く静まり返った蔵が出迎えてくれます。

そして、醤油を味わうと誰かに自慢したくなってしまう・・・その話を聞いた人が小豆島を訪れる。この繰り返しでいつも見学者で賑わっています。ただ、そこに安住することなく常に挑戦し続けているところがヤマロク醤油らしさだと思います・・・

ヤマロク醤油は大通りに面していません。細い道を探検気分で進んでようやく到着。いつ行っても見学可能です。「ここまで見せてくれるの?!」と驚く方も多いくらいに隠すものが一切ない蔵元です。

全てが木桶仕込み。百年以上使われている桶もあります。むしろ、ほとんどがそうです。「人が入ってくると発酵が活発になることもあるんですよ!人の気配が分かるんでしょうね!」と山本さん。ただ、活発になる方とならない方がいるらしく・・・

蔵に足を踏み入れて驚くのが桶に住み着く「菌」たちの姿。乳酸菌や酵母菌といった醤油造りに欠かせない菌たちが桶の外にまでびっしり。これ程までに菌に包まれている桶はそうそう目にすることはできません。

小豆島の地理的条件もあると思いますが、湿度が低く風が通り抜ける蔵の内部。イヤな香りがなく、し〜んと静まり返った蔵の中には特別な時間が流れているよう。

小豆島観光に欠かせない醤油蔵

43

鶴 醤

深いコクとまろやかさの極限までの追求。約2年の熟成期間を経た生醤油を、さらに2年間ほど仕込む。ステーキにあわせると肉本来の味に出会えます。バニラアイスにも◎。

価格 : 428円+税
原材料 : 大豆、小麦、食塩

商品の購入

黒大豆原料であっさりとキレが共存

44

菊 醤

旨み成分の強い大粒の丹波黒豆を使用した、高貴な香りとキレのある旨みの正統派。あっさり目の味と端麗な色が特徴の木桶仕込み。卵かけご飯をぐっと引き立てます。

価格 : 428円+税
原材料 : 大豆、小麦、食塩

商品の購入

この蔵元への直接のお問い合わせ

ヤマロク醤油

〒761-4411 香川県小豆島郡小豆島町安田甲1607
TEL:0879-82-0666  FAX:0879-82-1293
http://yama-roku.net/

小豆島の醤油

木桶のサイト

もどる