醤油の産地と川との関係は深い。車を使っての移動手段がなかった時代に、物流の主役は船。特に醤油などの液体を大量に運ぶためには水運に頼らないといけなかった。

そのため、消費地に近くて水運が使えて、加えて原料が確保しやすい、もしくは運搬してきやすい地域が醤油の産地として栄えていくことになる。千葉県の野田市(キッコーマン)や銚子市(ヤマサ・ヒゲタ)や兵庫県(ヒガシマル)なども同様のことが大きな理由の一つと考えられる。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる