本醸造タイプの醤油

最も流通量が多いのが本醸造

国内で流通している醤油の約8割が本醸造タイプの醤油です。残りの2割は混合、混合醸造の醤油。それぞれの違いはアミノ酸液を使っているかどうか、そしてアミノ酸液を入れるタイミングです。

本醸造はアミノ酸液を使っていないタイプの醤油で、大豆・小麦・塩が主原料。日本酒にも本醸造という括りがありますが、醤油の場合は一般的な醤油=本醸造とみることもできます。

甘みをつけた本醸造もあります

ちなみに、本醸造でもアミノ酸などを加えたり、ブドウ糖なので甘みを付けている醤油もあるので、大豆、小麦、塩だけでつくられた醤油=本醸造というわけでもありません。(*アミノ酸液とアミノ酸は別物です)

あくまでアミノ酸液を入れるタイミングで決まり、生揚醤油とアミノ酸液を混ぜるのが混合で、諸味にアミノ酸液を混ぜるのが混合醸造となります。

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる