大手はすごい

醤油の生産量の3分の2は大手メーカーと準大手10社少しで手掛けている。高品質で低価格の醤油生産を実現して日本人の生活に欠かせない存在にしたのは大手メーカーが起因している部分が大きいと思うが、一部では大手メーカーの醤油は悪いもので、昔ながらの醤油こそがよいものだという論調を耳にする機会があるが、それは言い過ぎだと感じている。

大手メーカーは平均的な味わいを低価格で大量生産することができ、商品による味のブレがない。一方で、昔ながらのつくりの場合、その平均点の上に行くこともあれば下回ることもあると感じている。一概に、大手が悪くて昔ながらがよいとは決していえないと思う。

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる