高級品だった醤油

今ではこのような感覚はないと思うが、過去には醤油は高級品。お米一升と醤油一升を比べると醤油の方が高かった。奈良時代に醤油の原形と推測される「醤」に関する文字が登場し、平安時代には皇族向けに使われていたようだ。その後も高級品としての扱いは続き、江戸時代にはいって庶民の口に運ばれるようになる。明治時代以降にビンが生まれて全国の隅々まで運ばれるようになるが、その時でも冒頭のように米よりも高いものとして醤油は扱われていた。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる