ビンの登場

明治時代くらいからビンが使われるようになる。醤油の普及には大きな役目を担ってきていて、安価に密閉できる容器とトラックや道路などの物流網が整備されることで全国の隅々まで液体が運べるようになった。最近ではペットボトルに切り替える醤油メーカーが多くなってきている。

その背景にはビンは重く、使い終わった後のビンの処理に手間がかかるなどの理由があるが、空気を通さない容器として醤油にとってはとても優れている容器であることも事実。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる