延喜式

平安時代の書物。醤油の歴史が語られる時に登場することが多く、6世紀の初頭に中国の農業書である「斉民要術」に大豆を麹にして発酵させる製法が紹介されている。その後、日本では大宝律令(701年)に味噌や醤油の起源となる「醤」の文字が初めて登場し、延喜式に大豆に小麦を少し混ぜた皇族向けの穀醤が登場している。このあたりが醤油の起源になっているという説もある。

関連・参考ページ

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる